教習所 > 運転免許の基礎知識 > 運転免許コラム > 運転免許証は大事に扱おう!

運転免許証は大事に扱おう!

免許証は身分証明書

現在、最終学歴は高校、短大、もしくは大学生という人が多いと思いますが、
その間の社会人になるまでの間の身分証明書といえば学生証があります。

外国に行って驚かされるのが、各人は外出時には身分証明書を持っていることが義務付けられている国も多くあります。

日本の場合は、治安もよく、
そこまで身分証明を提示する機会がないために重要さについての意識は希薄といってよい状態です。

しかし、そんなに日本の中でも、公的な書類を作成、申請などする際には何がしかの身分証明書が必要になる場合も多く、要求をされると思わず戸惑ってしまうものですが、いつ要求されてもよいように、車に乗らないときでも運転免許証を所持しておくことのがよいでしょう。

健康保険証などでも代用できることもありますが、写真がついている証明書で更新期限もはっきりしている運転免許証というのは、身分証明書としての用件が揃っており、使用用途の多いものといえます。

他人の運転免許証で何かできるの?

身分証明書を使う機会は公的なものばかりとは限りません。

身近な例で言えば、レンタルCD、DVDの会員になる際には身分証明書を要求されます。

その際に運転免許証はまちがいなく受理されます。

借りた商品がいつまでたっても返却されない、というようなことが起こった場合に、
法的に返却を求める必要が出るために、公に認められた証明書が必要になってくるわけです。

その際、請求先になるのが提出した身分証明書の相手、ということになります。

実際、こういった店で会員証を作る際の作業を見ていると、顔写真があるにもかかわらず、その身分証明の内容をいちいち確認はしておらず、アルバイト店員がコピーを残すだけということも多いものです。

ですから、たまたま拾った運転免許証を渡したところで、性別が違う、明らかに年齢が違うなどがない限りは、発覚することもなく、偽の本人として使用されることは充分ありえることといえます。

最悪のケースを考えて行動しよう

このように運転免許証は身分証明書であり、金銭に関わる保障にも使用されているわけです。

これが実際の現金の場合はどうでしょう。

最近では、運転免許証の情報から、精巧な偽造がされることも知られています。

機械で判別すればわかるでしょうが、
写真のみの変更では実際に登録者が存在することから、異常は発見されないことになります。

こうなれば、お金を借りることもできるため、限度額一杯の借金が可能になるわけです。

この行為を複数社にわたって行われてしまえば、あっという間に多額の借金を持ってしまいます。

たとえ、取得した本人が偽造できなくても、
今の世の中ではネット掲示板などで連絡を取り合え、販売されてしまう可能性もあります。

ですから、運転免許証は常に保持しておくことはもちろんですが、いつも置いている場所に間違いなくあるかどうか、ということを定期的に確認しておくことも必要になってきます。

オススメ教習所
  • 資料請求カート

      現在資料請求カートに入っている教習所はありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトでは、お客様のプライバシー保護のためDigital IDを導入し、個人情報入力ページにおいてSSL暗号化通信を実現しています