教習所 > 運転免許の基礎知識 > 運転免許コラム > こんなにかかる、自動車の賠償金額の例

こんなにかかる、自動車の賠償金額の例

自動車の保険の種類とその内容

免許取得後、自動車を買って運転しようとする際にまず必要になるのが自賠責保険というものです。

この保険は車を購入する際、新たに取得する際に必ず必要になる保険で、加入することが法律でも決められています。

ですから、この国の車の所有者すべてがこの自賠責保険には加入しているはずです。

自賠責保険は大抵は一年や二年といった契約期間となっていて、車検や整備点検の際に一緒に更新するという人が多いようです。

そして、車の保険はこの自賠責保険にはだけではありません。

それは各保険会社で個々に契約していくことになる任意の保険です。

こちらの場合は自賠責保険とは違い強制力はありません。

ですが、もしもの時の保障内容を考慮して車を運転するほとんどの人は加入してます。

任意の保険はその保険料や期間、内容が各保険会社によって様々です。

しかも年齢や免許の取得年数によっても保険料が多少変わってくるので、より自分の条件にあったところを選んで契約を結ぶことをおすすめします。

事故を起こした時の賠償について

では、なぜ任意の保険に入る必要があるのかという点について書いていきましょう。

その理由はとても単純です。もしも事故を起こしてしまった時、相手に怪我をさせてしまった、もしくは相手が亡くなってしまったという場合、加害者側には多額の賠償金が請求されませす。

その額は人一人分の今後の人生の賠償ということでかなり高額な金額となります。

その人の年齢や職業、怪我の度合いにもよりますが、中には数億円の請求がなされる場合もあるのです。

もちろん、全ての事故でこれだけの額が請求されるというわけではありませんが、やはり事故時の請求金額は比較的高額になる傾向にあります。

単独事故の場合でも破損した物の修理費用がかかってしまいますし、自身の怪我の治療にも新たにお金が必要となります。

つまり、事故は起こしてしまえば多額のお金が必要になってしまうということです。

そんな金額とてもじゃないが払えない、そんな人のために任意の保険は存在します。

実際に免許取得、免許更新時の講習でも任意の保険への加入が強く勧められているところもあるのです。

任意の自動車保険に入るメリットとは

任意の自動車保険い保険に入る最大のメリットは何と言ってもその手厚い保障内容でしょう。

もしも自分が事故を起こしてしまった時、何らかの賠償金や治療費、修理費用が必要になった場合に、保険にさえ加入していれば自分ではなく保険会社が代わりにお金を支払ってくれます。

しかもその間の面倒な手続きも全て本人に代わって進めてくれるので安心して任せることができます。

事故を起こした時にでもまずネックになるのがその賠償金額と諸々の手続きです。

女性や車や保険関係にあまり詳しくないという人ならそれらを一人で処理するのは非常に難しいでしょう。

そう考えるとますます任意の保険の重要性がわかってきます。

任意の保険会社の中にはこれら基本的な保険サービスの他に、車の故障時に利用できるロードサービスを利用できるところもあります。

この他にも免許の色や免許の種類で保険料がお得になったりと各会社様々なメリットが受けられるので、気になる人は一度チェックしてみるといいでしょう。

オススメ教習所
  • 資料請求カート

      現在資料請求カートに入っている教習所はありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

当サイトでは、お客様のプライバシー保護のためDigital IDを導入し、個人情報入力ページにおいてSSL暗号化通信を実現しています